関連図書



母乳と育児とこころのケア

母乳と育児とこころのケア
著者:子育てを一から見直すプロジェクト
価格:2,160円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

amazonで詳細を見る

  ■母乳と育児とこころのケア
   〜大切なことは赤ちゃんが教えてくれる〜
  子育てを一から見直すプロジェクト・著
  (メディカ出版)2000円(+税)

  「おっぱいを急に飲まなくなった」「授乳しよう
  とすると抱っこを嫌がる」などなど…母乳支援の
  現場でお母さんたちから寄せられる悩みに応える
  ために、助産師が知っておきたい大切なこと、マ
  マたちにとっても役立つ実践的な示唆が書かれて
  います。


  ■0〜1歳半 今日から赤ちゃんとお話しできる
  やさしいふれあい対話術
  お話ししながらおむつ替え
  阿部 秀雄&子育てを一から見直すプロジェクト・著
  (カンゼン)1300円(+税)

  知っていますか?まだ言葉が話せない赤ちゃんで
  も、ママの言葉はちゃんとわかるのです。
  どんなときに、どんな働きかけをすると、赤ちゃ
  んとの会話を楽しむことが出来るのか?
  実例でわかりやすく示しています。
  ◎2010年刊



  ■我が子は自閉症?と思ったら
   〜抱っこ法による心のケア〜
  阿部 秀雄・石塚 美希子・小林 夕香・高橋 秀敏・著
  (エスコアール)1200円(+税)

  この本は、我が子が自閉症ではないかとか、コミ
  ュニケーションがとりにくいとか、発達に気がか
  りがあるなどで心配になっている親のために、「
  抱っこ法という技法を使っておこなう心のケア」
  と、「自己表現の不自由さを乗り越えるケアとが
  、大きな可能性を持っていることをお伝えしてい
  る本です。
  ◎2010年刊



  ■よくわかる
   自己表現にハンディのある子どもの心のケア
  さぽーと優&遊・著 阿部秀雄・監修(大揚社)
                2000円(+税)

  著者である阿部優美と石田遊子は、ともに長年、
  抱っこ法の実践に取り組んできました。本書は、
  『心のケア=スタッフのための対人援助技術』に
  続き、「さぽーと優&遊」による出版第2弾です。
  この本では、おもに、知的障害や発達障害などの
  ハンディをもつ子どもを対象に、子どもの気持ち
  を受け止めながら、療育的な働きかけをしていく
  ための具体的なノウハウが紹介されています。言
  葉だけに頼らない多様なコミュニケーション技法
  を駆使しながら、子どもの意欲を支えていく。と
  いうことの重要性が、わかりやすく説明されてい
  ます。


ちょっと気になる子の育て方    

ちょっと気になる子の育て方    
著者:萩原光
価格:1,620円(税込、送料込)    
楽天ブックスで詳細を見る    
amazonで詳細を見る    

  ■ちょっと「気になる子」の育て方
    −「困った子」が、
         みるみる「いい子」になる方法!
  萩原光・著(学陽書房)1500円(+税)

  「育てにくい子」に焦点をあて、3段階のステッ
  プに分け、すぐに取り入れられる具体的なアイデ
  アを満載しています。言葉の遅れがある子や、発
  達障害の可能性がある子どもも視野に入れた本で
  すので、療育的な面からも、「目からウロコ」の
  情報がたくさん見つかるのではないでしょうか。


  ■魔法の子育てカウンセリング
   ―お母さんのイライラがニコニコに変わる/
          「おとな心」の親になるために
  阿部秀雄・著(カンゼン)1300円(+税)

  子育てママのための「癒しの自己カウンセリング
  の方法が、漫画やイラスト満載で、読みやすく書
  かれています。子どもにイライラをぶつけそうに
  なったら、この本を読んでください。お母さんの
  中の「インナーチャイルド」を十分に癒してあげ
  ると、お母さんの中に眠っていた大きな「おとな
  心」が目を覚ますのです。


  ■子どもの「泣く理由」がわかる本
   ―泣く力・甘える力を伸ばせば、
               必ずしあわせに育つ
  阿部秀雄・著(リヨン社)1300円(+税)

  「なぜ泣かれるとつらくなるか」とか、「泣かせ
  ない子育ての背景は」とか、「泣くことにはどん
  な大切な意味があるか」とか、とにかく、甘え上
  手になってしあわせな親子関係を楽しめるように
  なるために、泣くことがどんなに大切か、に絞っ
  て書いてあるので、むしろ初心の人にお勧めかも
  しれません。「赤ちゃんの場合」という一章も設
  けてあります。


  ■阿部秀雄のきっと親子がしあわせになる
                  「抱っこ法」
  阿部秀雄・著(新紀元社)1300円(+税)

  癒しの子育て・抱っこ法の最新情報が満載です。
  甘え上手な子どもほどしっかり育っていくメカニ
  ズムを、たくさんの親子の体験談を交えて紹介。
  「お母さんだって、甘え上手になると、子育てが
  楽しくなる」という文章もあり、親の感性を開い
  ていくための「実習」(ワーク)も随所に載せら
  れています。


  ■“心のケア”=スタッフのための対人援助技術
      ―知的な障害のある人を支えるために―
  さぽーと優&遊・著(大揚社) 2100円(+税)

  知的障害者更生施設・八王子平和の家で開催され
  ている「心のケア支援スタッフ養成講座」のテキ
  ストが、本になりました。知的障害のある人との
  関わりに抱っこ法を生かすときの具体的なアイデ
  アが、豊富に紹介されています。 単なる「心がけ
  」や、スタッフの「ガンバリ」を説くのではなく
  、技術としての対人援助のノウハウが書かれてお
  り、スタッフ自身のメンタルケアについて述べら
  れているのも魅力です。


  ■子育てと自分さがしが出会う場所
  萩原光・著(主婦の友社)1300円(+税)

  抱っこ法をベースにした親子のやりとりを紹介す
  ると共に、「親自身が“自分らしい生き方”を取り
  戻すヒントやコツ」について、詳しく説明してい
  ます。忙しい育児の合間に“ながら”でできるセル
  フワーク(自分でできる癒しのレッスン)も満載。
  親子で一緒に「本当の自分を探す旅」に出かける
  ための、ステキなガイドブックになることでしょ
  う。


  ■大好きを伝えあう子育て
         −抱っこ法の考え方とその魅力−
  阿部秀雄・著(中央法規出版) 1500円(+税)

  育児に悩むお母さん。育児に自信がもてなくなって
  いるお母さん。「本当は大好きなのに、このごろな
  んだかうまくいかない…。イライラばかりしている
  。」そんなお母さんを応援する一冊です。親子一緒
  に心が楽になる、そんな子育ての考え方と、実際に
  どうやればいいのか、「抱っこ法」について書かれ
  た心の育児書です。乳幼児を子育て中のお母さんに
  プレゼントしたい本です。

  ■心を抱きしめると子育てが変わる
  萩原光・著(主婦の友社) 1300円(+税)

  著者は、子育て支援定番サイト「ぴっかりさんの
  子育て相談室
」の管理人としても有名。「子ども
  が苦しむのではなく、かといって親ばかりがガマ
  ンするのでもない、親子が共にラクになっていけ
  る子育て法」として、日常的に取り入れられる抱
  っこ法が、わかりやすく解説されています。


  ■ダダこね育ちのすすめ
  阿部秀雄・著(中央法規出版) 1400円(+税)

  ダダこねのメカニズムとつきあい方が、具体的に
  書かれています。「ダダこねのウラにある子ども
  の本音」「ダダこねの成長に及ぼす影響」などが、
  豊富な実例付きで丁寧に解説されていますので、
  ダダこねに悩むママ達だけでなく、一般的な子育
  てのコツを理解したい方にとっても、オススメの
  1冊です。




NO IMAGE




ニコニコ抱っこのすすめ
ダダこね育ちのすすめ
ワクワク巣立ちのすすめ
著者:阿部秀雄

価格:270円(税込)

※この3冊は、書店やインターネットでは取り寄せられません。直接発行元へ申し込んでください。
(TEL→03-3269-4727)(FAX→0436-92-5143)


  ■ニコニコ抱っこのすすめ
  阿部秀雄・著(社団法人日本家族計画協会)
  ■ダダこね育ちのすすめ
  阿部秀雄・著(社団法人日本家族計画協会)
  ■ワクワク巣立ちのすすめ
  阿部秀雄・著(社団法人日本家族計画協会)
                各 250円(+税)

  この3冊は、乳児検診や1歳半検診や3歳児検診
  のときに、保健婦さんから頂いた方もいらっしゃ
  るかもしれません。「ニコニコ抱っこ」は赤ちゃ
  ん、「ダダこね育ち」は1歳半からのダダこね期、
  「ワクワク巣立ち」は3歳前後からの自立期の子
  どもを念頭に置きながら書いていますが、すでに
  その時期を過ぎてから読んでいただいても、何か
  思わぬヒントを見つけることができるのではない
  かと思います。値段からいっても分量からいって
  も、気軽に読み通すことができます。


抱く子は育つ

抱く子は育つ
著者:マ-サ・G.ウェルチ
価格:2,726円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る
amazonで詳細を見る


  ■抱く子は育つ 
  M.ウェルチ・著 石田遊子・訳 (学苑社)
                 2524円(+税)

  家族で取り組む「抱っこ法」。障害のない子どもた
  ちの育児書としてお勧めの一冊です。乳幼児から
  学童期まで、成長に合わせて解説してあります。
  又、「仕事と育児の両立のために」「離婚を決め
  たお母さんのために」など、とても具体的で、「
  抱っこ」は特別なことではなく、育児そのものだ
  と教えてくれています。


抱っこでスクスク

抱っこでスクスク
著者:安藤則夫
価格:2,097円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る
amazonで詳細を見る




  ■抱っこでスクスク
     −育児困難な子どものための育児学入門−
  安藤則夫・著(学苑社) 1942円(+税)

  落ち着かない,カンシャクをおこす、何となくや
  りとりがうまくいかないなど、子どもに関する多
  くの心配ごとで、お母さんがパニック。そうなる
  と、母と子がケラケラ、キャキャと楽しい笑い声
  を響かせて遊ぶなんていうことは、どこかへ行っ
  てしまいます。でもお母さんの笑顔と楽しい遊び
  こそが、心の栄養そのものです。この本には、楽
  しい育児を実現するための、さまざまなアイディ
  アやヒントがいっぱいです。保母さんにも好評の
  一冊です。


  ■自閉症児のための「抱っこ法入門」
   阿部秀雄・著(学習研究社) 1500円(+税)

  入門書として最適です。 「抱っこ法」の基本がとて
  もわかりやすく書いてあります。「自閉症児のた
  めの…」となっていますが、障害に関係なく基本
  的な内容です。もちろん自閉症児の抱っこ法なら、
  まずこの本を読みましょう。


自閉児教育の再構築

自閉児教育の再構築
著者:阿部秀雄
価格:3,670円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る amazonで詳細を見る





  ■自閉児教育の再構築
  阿部秀雄・著(学苑社) 3398円(+税)

  理論しっかり編です。自閉症、自閉傾向、自閉的
  などと言われる子どもたち(最近では広汎性発達
  障害などとも言われていますが)の療育、教育に
  ついては、様々な考え方があります。歴史的経緯
  も踏まえ、自閉と言われる子どもたちをどうとら
  えたらいよいかをもう一度整理し直したのがこの
  本です。自閉といわれる子どもたちに、「抱っこ
  法」で何をしようとしているのか。その方法論の
  根拠はどこにあるのか?同僚などに説明するため
  には、理論が必要です。まずは、自分の頭の整理
  から始めましょう。頭すっきり納得の一冊です。


  ■よくわかる・知的障害者の人権と
                施設職員のあり方
  阿部美樹雄・編著(大楊社)  2000円(+税) 

  本書は、施設長、弁護士、大学教授、施設職員、
  福祉司など、14名の方々がそれぞれに関わってお
  られる分野から人権について述べられています。
  人権問題では、施設が批判される事が多いのです
  が、施設の中でも何とかしたいと思っている職員
  も少なからずいるのです。そんな良心的な施設職
  員へ明日につながるヒントになるように編集され
  たのがこの本です。